大阪都構想特設サイト
バナー画像1

活動報告(ブログ)

【コロナ5波を今までのトレンドと比較する】

厚生労働省のオープンデータから日々の陽性者発生数・死亡発生数・時点での重症者数をグラフにしてみた。(陽性者・重症者数が左軸、死亡者数が右軸) オープンデータwww.mhlw.go.jp まだ5波はおそらくまだピークは超えておらず、死者や重症者の波は遅れてくるので現時点ではまだ明確な評価はできない。ただ現時点で4波・3波と比較すると、グラフを見る限りは死者・重症者とも陽性者数ほどの増加トレンドが出ていないように思う。これがワクチンの効果なのか、単にコロナが弱毒化しているからなのかは何ともいえない ...

【なぜ詳細なワクチン在庫を出せないのか】

企業でもそうだが、物の在庫管理は本来当たり前である。この程度のことができなくて事業運営なんかありえない。が、実際このようにワクチンの行方が分からないみたいなことが平然と起きている。 大阪市で現状発表出来ている状況は下記の通りhttps://www.city.osaka.lg.jp/kenko/cmsfiles/contents/0000540/540366/kyoukyuuryou.pdfでもこれは大阪市に残っている在庫だけだ。結局個別接種で配送して、市役所の外にある在庫が管理できないのが問題に ...

【都道府県別ワクチン接種状況と本来医院がすべきVRS入力の自治体への丸投げ】

7/19時点の各都道府県のVRSベースでのワクチン接種の状況だが、 新型コロナワクチンについて | 首相官邸ホームページ新型コロナワクチンの接種に関するお知らせ、ワクチンについての情報などを掲載していますwww.kantei.go.jp 人口比率で考えると1回目接種で東京(30.02%)、神奈川(30.39%)、埼玉(29.4%)、愛知(30.75%)大阪(31.4%)、福岡(34.39%)。人口を多く抱える都道府県(特に政令市等大きな基礎自治体をかかえる都道府県)は接種会場の準備・医師の確保・ ...

【保健所の患者へのファーストタッチとコロナにおける疫学調査の必要性】

早くコロナの感染症法の2類相当扱いを見直して、保健所の負担を減らして欲しいのだがそれはだいぶ先になりそう。ずっと書いているように、保健所を通さなければ医療提供に結びつかない、にもかかわらず保健所に疫学調査をはじめ多大な負担をかけ手が回らなくなる、これが患者への医療提供を送らせている根本原因である。とはいえ法律なので、自治体としてはその枠内で何とか医療提供のスピードを上げるための体制が必要。第5波が来ており、それに備えて保健所の体制が急務であり体制発表があった。 新型コロナウイルス感染症にかかる第 ...

【都道府県別コロナ分析】

都道府県別のコロナ分析。人口当たり陽性者数のトップは沖縄(1.48%)、次に東京(1.31%)、大阪(1.19%)、北海道(0.80%)と続く。あとは東京・大阪へ出勤者の多い周辺都道府県の率が上がる。よくどこの都道府県は頑張ってるだの頑張ってないだのの議論がでるが、そもそもの前提条件が違う。結局外から人が入ってくる場所はどうしたって高くなるとは思う。沖縄・北海道は海外や他府県から人が入るし、東京・大阪も海外や近隣府県から仕事で人が入る。これは構造的な問題なので、よくニュースでどこが危ないみたいな ...

  • 大阪都構想特設サイト
  • バナー画像3
  • バナー画像4
  • バナー画像5
  • バナー画像6

高見りょう市政事務所

  • 住所:大阪府大阪市東住吉区北田辺2-4-1
  • 電話:06-6713-0028
  • FAX:06-6714-8286